白洲先生の美しい文字 とは?

白洲先生の美しい文字 とは?

中本先生写真中本白洲という書家の先生がいらっしゃいます。
NHKの番組タイトルロゴの揮毫(キゴウ)や、番組内での毛筆の手紙などの揮毫を行っています。
いってみれば、プロ御用達の先生なんです。

また、コンピュータにも詳しく、毛筆/ペン字フォントの揮毫/制作もされています。
日本書技研究所を立ち上げてリコー社、マイクロソフト社などのフォント監修を行っています。
これらのフォントは、年賀状作成ソフトの筆まめにも搭載されていますので、名前は知らなくともフォントは知っている方もいるでしょう。
フォント名に「白洲」が付くフォントは先生が作成または監修されたフォントです。

一般向けには、ペン字フォント や 賞状作成専用フォント の提供も行っています。

このサイトはこれらのフォントを広く広めるために誕生しました。
ぜひ、ペン字の練習や、賞状作成の経費削減/納期短縮にお役立て下さい。

ペン字フォント

日常的に一番多く書く文字は自分や家族の名前や住所ではないでしょうか。
いままで、ペン字を練習するには市販の練習帳を何冊も購入して練習するか、高価な通信教育、または書道教室に通う必要がありましたが、自分や家族の名前や住所が上達するまでには長い時間を必要としていました。
なぜなら、必要な文字のお手本を自分では作れなかったからです。

そんな状況を先生は憂い、お手本となるフォントを開発しました。
そのフォントを「広く一般の方にも使って頂きたい」。そんな想いからこのサイトは誕生しました。

賞状作成専用フォント

外注に頼むと4000円から8000円かかる賞状が約65円(賞状用紙@50円、コピー代15円)でできます。
外注に納期の相談や品質に惑わされることなく、贈呈日前日まで納得ゆく文面に変更が可能です。
会社印の押印に失敗して、困ることもありません。

年間5枚以上の賞状作成すれば経費の節減につながります。
年間5枚作成しますと@65円×5=325円 内作ですと325円です。(人件費除く)
フォント購入費を考慮しても、年間5枚作成で5年間で10万円もの経費削減になります。

そんな素敵なフォントを先生は開発してくれました。
「多くの方の経費削減のお役に立てるように広めたい」。そんな想いからこのサイトは誕生しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする